ブログ

コロナ禍と、子どものメンタル

コロナが流行し、不登校が激増した。

らしい。

 

 

コロナとメンタルの関係で、ネガティブな話を聞くことが多い。

人と過ごす時間が減ったとか、イレギュラーな生活に疲れたとか。

不登校が増えたとか不安が強くなっただとか。

 

「コロナとHSC」というタイトルで執筆依頼をいただいたこともある。

コロナがHSCに与える影響を書いて欲しいと。

 

これがね!

ウケるのが、小児科医P宛じゃなく、本名の方に依頼がきて。

単なる小児科医に。

うぉっ、なんでオレ? ってなった。

 

丁重に断ったけど。(断ったんかい!)(だって、メリットないもの)

でも、需要あるんだなーと。

誰でもいいから書いて欲しかったんだろうね。

それだけ、読みたい人がいるってことだ。

 

 

あの時は断ったけど、コロナが流行り出して、もうすぐ3年。

ある程度の印象が固まってきた。

 

本名で書く気はサラサラないけど、ネット上の架空の人物、小児科医Pとしてなら書いてみようと思った。

原稿料ください。

 

コロナは悪?

多くの方の印象では、コロナはメンタルの悪者でしょうか。

執筆依頼も、そんな文脈を期待されていたようだ。

 

でも、正直そうでもなくて。

むしろプラスに働くことも多かった印象。(だから断ったってのもある)

 

女の子
女の子
コロナ休校でどうせみんな休みなので、安心して不登校できました。

 

男の子
男の子
他にも休んでいる子がいるので、気楽に休めた。

 

そう。

学校を休むことへのハードルが、めちゃくちゃ下がった。

 

 

不登校児は、半ば強迫的に「学校は行くべきもの」と思っている。

休んでいいやーと思えないから、不登校にまで追い詰められるわけで。

 

この前提を、コロナが崩した。

 

コロナで、休む大義名分ができる。

コロナだから、休まなきゃいけないからなー、しょーがないなーホントは行きたいんだけどぉ。

 

一回休んでみると、アレ、こんな選択肢もありじゃん? と。

「絶対行かなきゃ」の呪縛が外れ、視野が広がる。

すると、学校そのものに対するプレッシャーが軽くなる。

別に絶対的な存在でもなくね? と。

 

※ちなみにコロナで不登校が激増したのは、感染予防のための登校控え(不登校にカウントされるが、いわゆる「不登校」とは異なる)も大きいと思う。そして不登校が増えたとしても、それが絶対的に悪いかというと、そうでもないだろう。頑張りすぎの子に「休む」という選択意を与えたという捉え方もできる。ここで休まないと、あとでもっと大きな困難となった可能性は、十分にある。

 

 

半数ずつの登校なので、人数が少なく気楽だった。

 

イベントが中止でラッキー。

 

給食が個別で黙食なので、すごく食べやすい。

 

リモート授業、神。

 

ポジティブな話をたくさん聞いた。

 

 

もちろん、コロナのせいで登校のハードルがより上がったとか、友達が作れないとか、学校側の融通がきかず合理的配慮が望めないとかの、マイナスの意見も聞く。

 

去年はフルリモートだったのに、今年からフル出席だなんて。

体力ないし友達作ってないしイベントの経験もないし、もう最悪!

といった悲鳴に近い声も聞いた。

 

でも総合して考えると、ネガティブな意見ばかりではない。

むしろポジティブな声の方がちょびっと多いくらいかなーと、個人的には思っている。

 

環境より、自分

もちろん、コロナでいかんともしがたい状況に追い込まれた人もいる。

たくさんいる。

 

その大変さを否定するつもりはない。

コロナ、自分ではどうにもならないし。

大変ですよね。

そりゃ大変よ。

 

孤独を深めた人もいる。

休校で、気持ちが学校から離れた人もいる。

摂食障害が増えた実感もある。(←これはマジで増えた)

 

 

その上で、コロナは絶対的な悪ではないと、個人的には思っている。

 

コロナは、「環境」だ。

自分ではどうすることもできない。

なかなか調整できない、いわば「環境」。

 

で、「環境」に絶対的な善とか悪とかはないんだろうと思う。

 

合う人もいるし、合わない人もいる。

この点はラッキーで、この点はアンラッキーとか。

一つの環境がみんなに悪! みたいなことは、ないんだと思った。

 

環境を嘆くより、(嘆きたくなる状況や気持ちもよくわかります。その気持ちを否定はしない。めっちゃ大変ですよね。)

  • なんで合わないのか
  • じゃあ、どんな環境なら合うのか

を考える方が良い。

 

つまり、『玉』だ。

自分はどんな『玉』を持ち、環境にどう反応したのか。

自分を変えちゃダメ!!!① 〜窓の話〜この仕事を続けていると、ホント思う。 自分を変えちゃダメだ。 このブログを読んでいるお子さんには、き...

 

コロナで環境が変わった。

この環境は良い? 悪い?

良いのはなぜ?

悪いのはなぜ?

つまり、あなたはどんな『玉』を持つの?

 

↑コッチの方が重要だと思った。

 

今の環境の良いところ、悪いところ

コロナなんて、一見、めっちゃ悪そうだ。

「コロナ」って響きだけでもう、なんか悪役感ある。

コロナビールの陽気なイメージは消え去った。好きだったのに!

 

不安を煽るし、未知だし、なによりイレギュラーだ。

不安の強い子にとって、イレギュラーは一番の敵。

 

なんだけど、悪いことばかりかというと、そうでもなかった。

環境が変わったら変わったなりに、悪いこともあるけど、いいこともあった。

これは、僕の中で発見だった。

 

 

コロナは大きな環境変化だけど。

もう少し小さい規模に落とし込んでもそうなんじゃないか。

 

例えば、進学や進級、クラス替え。

先生が変わったり。

悪い点も、良い点もあるんじゃない?

もっと小さく、席替えでも、班活動でも、苦手な単元でも良い。

 

「〇〇(環境、人、課題)が悪い、クソが」

って気持ちはわかるけどさ。

 

毒づくのは大いにやればいいと思うけど。(しんどいんだから、悪態つきまくるといいヨ!)(めっちゃ文句言うといいよー。)

同時に、視点ををちょっと切り替えて、『玉』を見る目も持つのはどうでしょうかという提案です。

 

なぜ合わないのか。

自分にはどんな特性があるのか。

じゃあ、どんな環境なら合いそうか。

 

今の環境は変えられなくても、経験は次に生きる。

次は、もう少し合う環境を選べる。

 

環境って、運の部分が大きい。

運任せになっちゃうのも、ある程度は仕方ないけど。

自分で選べる部分、切り開ける部分は、上手に戦ってほしい。

 

 

生きづらさを持つ人たち(僕含め)が、イレギュラーな環境にブチ込まれたのだ。

ギャーーーーー!!!

という気持ちは当然。

 

でも、それがひと段落したら、自分と向き合ってみるのはいかがでしょうか。

やる価値はあると思う。

 

僕のことで恐縮だが、このブログを始めた理由に、実はコロナが大きく関係していたりする。

環境が変わり、かつ僕には特性があるから、始めたのだ。

なんのこっちゃだけど。

 

まとめ

 

コロナ、そこまで悪くないヨ。

案外いい奴かもよ?

 

そして環境がどうであれ、せっかくだから『玉』を観察するのはどうでしょうか。

新たな発見があるかもしれません。

POSTED COMMENT

  1. まぼ より:

    うちの中1息子はコロナの全国一斉休校がきっかけで適応できなくなったので、「あれさえなければ‥」という思いはあります。コロナウィルス自体よりも、あの頃の社会の異様な雰囲気や、年度またぎの休校でクラス替え、担任替えを伴ったことが大きいと思っています。
    ただ他の方も書かれているとおり、いつかはこうなっていただろうし、親がサポートできる子どものうちで良かったのかも、とも思います。

    不登校もですが、小中高生の自死が増えていて、年間500人近くも亡くなっているとのニュースも見ました。これは本当に胸が痛いことで、学校へ行けている子も含めて、子ども達が精神的に追い詰められているのだなと思います。

  2. タコ より:

     うちの子はコロナの影響で不登校になったと思います。
    が、やっぱり生き方に無理があったのだと思います。コロナなかったとしても後々何かしらの影響はあったと今は思います。
     私自身も無理しない生き方にチェンジしようとしています。
     p先生のブログ、参考にさせてもらってます。ありがとうございます。

  3. とくめい より:

    いつも楽しく、そして心の支えとして読ませていただいています。
    今回のお話、まさに我が家と思ったので、初めてコメントします。

    ADHDの中学長男はソーシャルディスタンスや黙食が明確にされたことや、クラス討議をパソコン経由ですることになって、人との直接接触が減ったことでトラブルが少し減りました。
    小4次男は、まさにコロナ禍がきっかけの不登校だと思いますが、それがなければ親は無理に連れて行っていたなと思います。そして後からもっとこじれて露見しただろうなと。

    完全在宅になった父は、職場での飲み会や細かいやり取りがなくなって気が楽になったようです。
    人に会うのが苦手な母も、マスクがあって少し楽です。

    苦しいところももちろん沢山ありますが(特に不登校)、いろんな考え方で受け止めていけたらなと思っています。

    これからも楽しみに読ませていただきます♪

  4. こあら より:

    毒づくのは大いにやればいいと思うけど。(しんどいんだから、悪態つきまくるといいヨ!)(めっちゃ文句言うといいよー。)

    そうなんですか!
    とんびさんと同じく、学校休んでるのに文句ばっかりだなぁ、と嫌気がさしていました。

    毒づくことで自分を守っているのか、と思ったり、学校行ってる子達は頑張ってるのに、家で勉強も強制してないのに文句ばかりで、何なんだろうと思ったり。

    吐き出した上で、自分を見つめてくれたらいいのですけれど。
    玉を見据えて先に進めたら、毒づくのは有用。
    文句ばかりでその先を考えなかったら進歩ないけど、そこをどうやって誘導するか考えます。

  5. ヨーグルト より:

    いつも拝読して励みにしています。
    コメント読むと、コロナの子ども達へ与えた影響の大きさを強く感じます。

    一方で、コロナ前から不登校&コロナ頃から不登校になったうちの2人の娘にとってはコロナ禍は
    「自分にとって罪悪感を抱く事なく
     思う存分家の中で過ごせる格好の環境」です。
    全くといいほどコロナ禍のマイナス面の影響がありません。

    コロナに罹ると命に関わる基礎疾患を持った夫がいるので自主的にお家篭りの娘達はむしろある意味親孝行ですらあります。そう多分…多分ね…。

    去年志望大学に入学した長女は、前年度までほぼオールオンライン授業だったのが、一転全面対面授業になったことでむしろ通学が難しくなりました。普通の子なら逆なんでしょうが、抑うつで人との関わりがどうしても難しい長女にとってはオンライン授業の方が良かったようです。

  6. しろ より:

    コロナという病気自体はやっぱりないほうがよかったと思いますが、コロナの影響という面では、正直メリット多かったです。
    でもそう感じてしまう自分になんとなく罪悪感もあり、堂々と言うのも抵抗があったのですが、同じように感じている方がたくさんいるということがわかってホッとしました!
    休校や分散登校、リモート授業、課題のタブレット提出、行事の縮小…うちの子にはプラスが多かったし、こういうやり方が合っているということに気づけたのも収穫でした。
    もちろん、コロナのルールを守れなくて先生とぶつかったり、やりたかった行事ができなくて悔しい思いをしたりということもありましたが。

    P先生がこのブログを始めたのもコロナきっかけなのですね。
    いつか詳しく聞けるかな?
    楽しみにしてます♪

  7. ふじ より:

    コロナ禍前から不登校の娘は、一斉休校に安心していました。再開したあとも、行事が減り、苦手な一斉練習もなくなって喜んでいました。さらに小学校の修学旅行も宿泊から日帰りにかわったから参加しました。
    こんなわが家から見ると、コロナの影響で変化した日常はそんなに悪く思っていません。
    ただ、コロナ禍と共に休み始めていたら、きっとコロナ禍の、変化した日常のせいにしていたんじゃないかなぁと思います。

    不登校が増えたのは、学校が悪いんじゃなくて、コロナ禍のせい。だから学校や政府の対応はちゃんとできてる。
    「悪いのはコロナ」そう印象づけておく方が偉い方とかは困らないのかな、って思ったりします。

    環境ガチャは大外れかもしれないけど、文句言ってもどうにもならない。
    このコロナ禍のことはきっと教科書に載りますよね。私が子どもの頃に見て驚いた、オイルショック時のトイレットペーパー争奪戦をしていた主婦達のように、いま歴史の真っ只中を生きる者として、こんな状況も、工夫して少しでも楽しめたらいいなと思っています。

    P先生のお話が、割と自分の思ってたことに近くて嬉しくなってコメントしてしまいました。
    ありがとうございました。

  8. より:

    このブログはコロナきっかけなのですか!
    じゃぁ、その部分はコロナに感謝。
    無料でこんなに有用な記事をたくさん読ませて頂けて有難いです。
    コロナでの規制は皆それぞれ大変だけど、非HSCの子は辛いだろうなーと思ってました。刺激を求める事をなかなか許されずつまんなくてしんどいだろうなと。

    自分の周りを見ても玉を理解して受け入れた上で行動出来た人から幸せになってる気がします。
    今まで自分と向き合ってこなさすぎたので、今は一日最低30分は自分と向き合ってます。窓開きすぎてパッカパカでペリーやりたい放題だったのでお帰り頂いて閉め出しました。自分に時間をかけるのはとても気持ち良いです(*´ω`*)

  9. とんび より:

    そうかー キツいときに悪態をつく、文句を言うのはいいことなんですね!
    中1の息子が、上手くいかないときに悪態をつくのがこちらとしては気分が良くないのですが、吐き出ししていてむしろ良い、と見方を変えてみます。
    悪態を聞くときの自分が責められていると感じてしまうのも自分の問題なのかなー

  10. 匿名 より:

    大人の私は、今でこそ慣れたけれども、
    当初は「知っている人なのに、マスク姿だと表情が読みにくい」ことに戸惑いました。
    コロナ禍真っ最中に中学へ進学し、初対面の同級生も先生もすべてマスク姿しか見ていない息子。
    これは「他人が自分の言動をどう感じたか気になる」という性格にはキツかったかもしれません。
    1年半頑張ったけど、今不登校中です。
    (学校生活での制約はそれほど気にしていない様子)

    コロナウイルスに恨みはありませんが(ここまでくると生物として戦略うまいなとすら思う)、マスク習慣を作ってしまった世の中にはモヤモヤします。

  11. にじ より:

    いつもブログを拝読しています。とても参考になります。ありがとうございます。

    私はコロナ禍をよく思っていません。いち保護者の意見ですので、不快に思われましたら申し訳ありません。

    先生のおっしゃる通り、環境が大切なのだと思います。コロナで急激に変わり、ついていけなかった子が多くいるのかもと思います。

    コロナ前から学校が嫌だった子は、休校になってよかったのかと思います。

    ただ、普通に登校してた子はどうなのか。
    休校、オンライン授業になって家庭学習が増えました。学校の学習も習い事も塾も「家庭でやってください」のスタンスのところが多く、
    “無理ない範囲で“ とされてはいましたが、目安の勉強量などの案内があり、家の中まで「がんばらなけれはならない場」となってしまいました。息抜きが上手くできなくなってしまったのです。

    親がそこはうまく環境にあわせなきゃならなかったのに、私はできませんでした。

    先行きのわからない状況で、目の前にあることをこなすことに私も子供も必死でした。

    そして学校が再開すると、子供にしてみたら知っていた学校じゃなくなんだか変なルールが取り入れられてる変わった学校がそこにあった。頑張りつつも楽しかった学校なのに。
    そこでコロナがコロナが、と学校でのルールも増えた。
    と思えば、目に入ってくる(テレビなど)のタレントは美味しそうに有名人同士で話したり食事したりしてる。こっちは黙食なのに。。。ロケと称して遠方にも行っている。。。
    そして、マスクがズレてる子が登下校中にいるからと近所から学校にクレームが入る。学校から子供への指導。大人だってズラしている人たくさんいるのに。そして、大人の目が気になる。
    (うちの子は外で未だにマスクが外せません)

    とモヤモヤが増えたのではないかと考えています。
    たまに学校を休んでみてもそのモヤモヤは取れない。

    息子がコロナ明けに不登校になりました。
    「コロナ前までは楽しかった。
     学校は刑務所なのか」
    息子が不登校の始まりの時期に発した言葉です。

    コロナ関わらず、息子にとって実はもともと学校は合わないところだったのかもしれませんが、
    コロナ禍に家を快適にしてあげられず頑張る場としてしまったこと、息子のサインに早く気付いてあげられなかったこと、そして環境を素早く整えてあげられなかった反省を込めて、コメントさせていただきました。
    駄文お許しください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です