不登校

「みんな学校に行きたくないのに、頑張ってるんだから」

この話から。↓

お兄ちゃんが不登校なら僕も行かない!不登校の子。 の、兄弟姉妹。 こんなことを言い出すケースがある。 普段は登校してるのに、兄弟喧...

 

ここから関連し、不登校やそれに類する子に言われるテッパンの言葉。

 

みんなも学校に行きたくないのに頑張って行っている。

だからあなたも頑張りなさい。

 

誰だって学校はイヤなもの。

我慢しなさい。

 

これさー。

僕、ずっと思ってるんだけどさ。

 

それって誰得?

 

昔から嫌いなんだよね、この手の言い分が。

 

みんなって誰?

思うんですよ。

そもそも、「みんな」って誰?

ホントに「みんな」学校が嫌いなの?

 

少なくとも僕は、学校は好きじゃないけど、さほど不満もなかった。

今でも、教育の場として一定の合理性はあると思う。

 

「みんな」って誰?

ちゃんと統計とった?

周囲の数人のレベルじゃないの?

 

そして、百歩譲って大多数が「学校は嫌い」だとして。

その「嫌い」ってどのレベル?

人によって、「ちょっとめんどいなー」から「心を潰して行っている」まで幅があるんじゃん?

イヤな部分もあるけどトータル行った方がおトクだから納得して行ってる、って人も多いだろうし。

一括りに「みんな嫌いよねー」は、あまりに暴論だ。

 

分けて考えるべき

 

自分も学校はイヤだったけど、我慢して行った。

だからあなたも頑張りなさい。

 

これ、明らかに違うと思うんだ。

 

だって、別の人だから。

 

なぜAさんが我慢したら、Bさんも我慢を強いられるの?

我慢の連鎖。

誰得?

※日本には「一人だけズルしたら村八分」の空気があるのは承知。その上で、でもこれってめっちゃ非合理的だと思う。

 

別の人だもの。

Aさんは、Aさんの判断で我慢したのであって。

Bさんには、Bさんの判断があって然るべきと思う。

 

 

そもそも、「私だって我慢したんだから」がおかしいと思うんだよ。

Aさんも、学校がイヤならケアされるべきだった。

 

何がイヤで、どう合わないのか。

どこを落とし所にして、どんな選択をするのか。

 

ここがケアされないで、多少なりとも傷になって残っている。

だから「私は我慢したんだ」「みんな我慢してるんだ」という発言が出るわけで。

ケアされなかったのが不適切なのであって、その不満をBさんにぶつけるべきではない。

 

 

私は我慢して学校に行って、結果正解だった。

だからあなたも頑張りなさい。

 

この理屈もそう。

これは結果論だ。

 

Aさんは結果論として登校を続けて良かった。

それは良いことだ。

 

でも、だからといって別の人に押し付けるべきではない。

BさんにはBさんの価値観がある。

 

もしかしたらBさんは、それどころじゃないかもしれない。

「将来的にお得」よりも、「今この瞬間がつらい」が大きすぎてどうしようもない状態かもしれない。

 

実際「学校に行きたくない」と言い出す子って、どうしようもなくて、最後の最後にやっと言えるケースが多いようだ。

「勉強が遅れる」「自分に不利になる」とか、本人がとっくに納得しようとしてる。

さんざん自分に言い聞かせて、でもダメで。

その上でのSOSだったとしたら、頑張るエネルギーなんて残ってるわけがない。

 

 

分けて考えるべきなんだ。

だって、別の人だから。

 

みんな行ってる?

みんなイヤ?

 

だから、何?

 

「その子」はしんどいんだ。

その子の物語は、その子の物だ。

ここを否定しちゃいけないと、僕は強く思う。

 

みんなケアされるべき

上述の通り、もし「みんな学校がいや」なら、「みんな」がケアされるべきだ。

当たり前だけど、登校しているから問題なしってわけじゃないし。

 

心を潰して、でも他に選択肢がなくて登校している子もいるだろう。

知的障害に気づかれずに通常級に在籍し、授業がさっぱり分からない子だってきっとたくさんいる。

登校してるけど、意味ない。

意味ないどころか子どもを追い詰め、マイナス効果だ。

 

突き詰めると、登校していようが不登校だろうが関係なく、一人ひとりがケアされるべきなのだ。

学校は合っているのか、合わないならどこがどの程度か、性格的に納得して受け入れられるのか。

もし「みんな」合わないなら、それこそ学校制度自体を変えるべきだし。

こうなるともう、社会問題だ。

 

上記、僕だって分かっている。

その上で、僕はここに切り込む気はない。

実際には、僕は目に見えて問題を抱えている「不登校の子」にフォーカスするのが現実的で。

 

前から書いている通り、不登校は「機会」を失う。勉強の機会と、同世代とのコミュニケーションの機会ね。だから、別の方法で機会を補っている子は別に問題なし。平和な不登校は、マジでそれでいいと思う。そうじゃなくて、機会を失いっぱなしの子をどうするかってのが目の前の問題。

不登校で失うのは〇〇のみ 子供が不登校になると「すべて終わった」みたいな感覚になる方は多いと思う。 親御さんも、不登校児自身も。 ...

 

ケアされない子の溜まった不満を、他の子にぶつけるべきじゃない。

「イヤだけど頑張った子」は、その子の問題。

「イヤすぎて頑張れない子」は、この子の問題。

分けて考えるべきだ。

 

一緒くたにするメリットって何?

マジ誰得?

って昔から思ってる。

 

悪い見本?

 

兄が不登校になると、弟も真似する。

 

確かに、あり得る話だ。

弟は身近に不登校のモデルを見るわけだ。

「そんな手があるのか! じゃあ自分も」となるのは想像に難くない。

 

でも、これって兄の責任?

 

 

クラスに不登校の子が出ると、他にも不登校が出る。

 

最初に不登校した子の責任ですか?

 

続いて不登校になった子はその子の問題を抱えているわけで、そこをケアすべきで。

「不登校という選択肢を見せなきゃいい」なんて単純な話ではない。

 

  • クラスメイトがリストカットしたから、自分もした。
  • 友達が摂食障害になったから、自分もなった。
  • 先輩が過量服薬したから、真似した。

 

僕にはこんな子たちの経験がある。

これ、先人の問題ですか?

違う、この子自身の問題だ。

 

最初の人が悪い、そんな選択肢を与えなければ問題が起きなかった、なんて単純な話じゃないんだ。

その選択肢を知って、実際に模倣してしまった。

ここには理由があるはずで。

こっちをケアするべきだ。

 

不登校も、リストカットも、過量服薬も、拒食症も、世の中に存在している。

隠せば解決ってわけじゃない。

それを選ばざるを得ない心理に寄り添うべきだと、僕は思う。

 

 

とりとめのない話になってしまった。

完全に個人的な見解で、別の意見を持つ人がいることはわかっている。

 

ただ、僕は昔からこれを強く思っていて。

別の人なんだから、分けて考えるべき! と。

その子にはその子の物語がある! と思うんだよ。

POSTED COMMENT

  1. Bluebird より:

    「みんな辛くて辛くてでも我慢して学校行ってるって思ってた、だから僕だけ楽しくて楽な支援級に入るのは悪いなぁ〜って気分だったんだよね・・でもこの前、休み時間に体育館で遊んでいる皆んなをボォーと見てたら  楽しそうだったの!僕驚いちゃった! 学校が楽しくて通っている子どももいるんだね」

    と最近息子から報告あり。現在小4。

    小1から行き渋り、コロナ休校明けに不登校になっていた息子が言っていた言葉です。

    彼はASDがあるので自分の感覚を他者も感じてるに違いない!って思う所があり
    あんな地獄みたいな1ミリも面白くない学校に、皆んな我慢して通っているんだから、それが当たり前で本当はやらなきゃなんだけど
    「僕には出来なーい!」ってコップの水が溢れちゃったんです。

    今は支援級に移り、理解ある担任の先生にサポートしてもらい週に二回の午前中だけ登校。

    すごく意欲的に勉強もするようになりました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。