親子関係

二次障害を起こさない

二次障害は怖い。

 

でも、起きちゃったらどうしよう?

 

二次障害に気づくことから

僕が一番怖いのは二次障害。

ホント、マジで怖い。

僕が一番恐れていること何かしらの「困ったこと」がある子。 友達との喧嘩が絶えないとか、勉強についていけないとか、不登校になったとか、極端に苦手なことがあ...

 

↑の記事で不安になった方も多かったと思う。

すみません。

 

いたずらに不安を煽るつもりはないけれど。

でも正直に書いたらああなった。

怖がらせるわけじゃないんだけど、でも本当に怖い、避けたいと、僕は思っている。

 

 

で。

 

母
もう起きちゃったんだけどどうしたら?

 

そんなコメントをたくさんいただいた。

 

不安にさせてごめんなさい。

でも、「これはきっと二次障害だわ!」と気づいた、その視点が値千金だ。

 

気づいたことが本当に素晴らしい。

 

この子がダメなんじゃない。

『ダメな子』なんかじゃ絶対にない。

 

問題は二次障害だ。

二次障害が起きちゃったから、今こんな行動をする。

 

そこに気づけたことがめちゃめちゃ重要。

よく見てますね。

よく観察している。

誰にでもできることじゃない。

 

もちろん、僕たち第三者からも見えづらい部分で。

問題行動を見て、「あ、これって特性じゃなくて二次障害だ」とピンとくる。

しっかり観察・分析できるのって、親御さんだと思う。

 

まずはその観察力に、僕からありがとうございます。

気づいてもらえただけで救われる子って多いと思う。

 

どうすれば?

で。

気づいたとして、じゃあどうすれば?

 

これに答えはない。

 

発達障害当事者や、不登校経験者、精神疾患経験者などの話を聞くと、やっぱりみんな困ってる。

簡単に解決できる問題じゃないんだと思う。

あまりにもケースバイケースだし。

 

絡まった糸を、丁寧に解いていくしかないのだろう。

どこでこじれたのか。

本人は何が嫌だったのか。

ベースの特性は何か。

 

繊細で、時間のかかる作業だ。

 

 

だからこそ、親御さんにお願いしている。

まだ起きてないなら、起こさないでください。

 

僕の患者さんって小・中学生が多い。

物心ついて、まだ数年。

さほどこじれていないはずだ。

 

こじれさせないでください。

「普通」に囚われて、子どもを追い詰めないでほしい。

親の不安を子どもにぶつけないでやってほしい。

 

こんな子がいました

ところで。

春休みで少し時間があったからか、こんなことを言う子が数人いた。

 

女の子
女の子
ちょっと思ったんですけど、私って他の人と違うのかもしれないです。

人より繊細なんだと思います。

 

こう言ってきた子が何人かいて。

 

僕から見ても、多分繊細なタイプ。

加えてASDだったり不登校だったりするんだけど、それぞれ人目を過剰に気にするし、刺激に敏感だし。

 

人より敏感なこと、自他境界を引くことなど何度か伝えたが、入っていない感じだった。

そんなことより日々目の前のことに追われ、いっぱいいっぱいな様子。

 

案の定、二次障害を起こしかけていたし。

 

 

その子が、急にこんなことを言い出したのだ。

 

女の子
女の子
私はきっと、ちょっと違うんです。

何かきっかけがあったわけじゃないけど、なんとなくそう思って。

 

だからといって、「普通にならなくちゃ」ってわけじゃない。

今までのことが全部腑に落ちた!」ってわけでもない。

 

ただ、自分は人と違う。

フラットにそう感じた。

 

 

成長したのだ

 

日々何かに追われていたのが、春休みで少し心に余裕ができた。

それが良かった部分はあると思う。

でも、メインは本人の成長だ。

 

僕達や学校の先生、親御さんが、何を言っても響かなかったのに。

結局、自分でストンと理解した。

 

何を言ってもデモデモダッテで、僕も困っていた子。

日々接する親御さんや学校の先生は、もっと困っていた。

正直、突破口が見つからなかったのだけど。

 

この子は、自分で突破した

 

僕がなんとかしようと腐心しても微塵も役に立たなかった。

結局、自力で突破した。

 

子どもって成長する。

子どもの力ってすごいなぁと、改めて見せつけられた。

 

 

付け加えるとしたら、こう言ってきた子たちの親御さんには共通点がある。

 

本人を尊重していた。

 

「こうしなさい」

「これじゃダメよ」

「こんなんじゃ通用しない」

「みんなこうしてる」

 

みなさん、そんなことは一切言っていない様子だった。

みんなそれなりに大きな問題を抱えていたのに、だ。

 

母
あなたはそう思うのね。

 

子どもの意見に耳を傾け、

 

母
あなたの思うようにやってみよう。

 

考えを肯定し、

 

母
こんなことが出来るようになったね!

 

小さな成功を一緒に喜んでいた。

 

その土壌があったからこそ、子どもたちは自分で芽を出したのだと思う。

 

子どもは成長する

子どもの、不得手な部分ばかりが目に付く。

あれもできない、これもできない、これでは困ってしまう!

そんなことばかり考える。

 

でも、子どもは成長する。

 

前回のコメントとか、この記事のコメントとか、ぜひ読んでみてほしい。

試行錯誤して、タネを撒いている親御さんがたくさんいる。

気づくと成長してました! という体験談もそこかしこに落ちている。

 

母
あれ、そういえば最近〇〇で困ることが減った?

 

気づくと出来ることが増えている。

ウソみたいだけど。

今は想像できないけど。

でも時間が解決することって、結構ある。

 

 

「その時」は来る。

だから「その時」まで。

 

出来なくていい。

出来なくていいから、二次障害だけは起こさないであげてほしいと思う。

POSTED COMMENT

  1. 迷える母羊 より:

    新年度になりました。

    昨年度、家庭内暴力大爆発して、警察→児相
    自閉傾向だと判明した新小5年の息子くん。
    二次障害から発達障害判明したパターンです。

    昨年は入院、再入院もして修了式に退院したから4年は突然の修了でした。

    完全不登校ではなかったけど、遅刻五月雨登校でした。

    まだ数日ですが、ずっと登校班では登校してなかったなに、始業式から登校班で登校しています。 

    精神的に安定したのか?と言えばそうでもない。
    始業式の後に児相で最後の定期面談があった時
    待つことに癇癪起こして椅子投げまくりました。
    家以外では萎縮して暴れないタイプですが、児相の空間になれたのかも?

    成長したのか、後退したのか・・・?

    彼に今までより関わる時間は増えました。
    (必要にかられた部分もありますが)
    理解しようと努力はしました。
    (完全には理解出来ないけど)

    この先、どうなるかわかりません。

    あんな(とんでもない)時代もあったよね~♪
    と振り返れる時が来たら良いな。

  2. にこ より:

    うちも二次障害が起きてしまいました。
    そうならないように、ならないようにと
    必死で努力してきましたが
    息子は学校では「普通」に見られてしまい
    学校側になかなか息子の不安感が伝わらなかったです。
    息子が不安感が強いのは
    お母さんがそうやって心配するからじゃないですか?と言われました。
    理解されませんでした。
    特別支援学級に移りたいと言うと
    は???と言う反応。

    案の定、不登校、一時期は食事もできませんでした。
    強い不安感、母子分離不安、強迫
    父親を拒絶などなど

    普通の平穏な1日を送ることができなくなりました。

    今は1日、ゲームとYouTube
    わけもなく辛い辛い、パパがいて辛いと
    私に言い続けます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。