ブログ

【お礼】コメントについてのコメントに、コメント返し【ありがとう】

コメントについて 〜ブログへのコメントとお子さんへのコメント〜いつもコメントありがとうございます。 お返事は基本的にしていませんが、全て読ませていただいています。 そして僕の勉強とさせて...

 

↑たくさんのコメントありがとうございます!!!

 

 

なんか、僕への慰めや励ましコーナーみたいになってしまって。

本当は僕のことなどどーでもよくて、「お子さんの話を否定しないで聞いてあげてね」って内容がメインだったのだけど。

 

でも!

なんか、マジでありがとうございます。

ちょっと泣きそう。

 

 

僕だってフツーの人間で、クソみたいなもんだけど、でもそれなりに生きてる。

人間だもの。

医者だからって当然カンペキじゃないし。(むしろ医者って何かが大きく欠落してることが多い気がする) (僕の思い込みでしょうか)

傷つくこともあるし、めざましテレビの今日の占いに一喜一憂するし。(ちなみに今日のふたご座は12位でしたありがとうございました)

 

みなさんと違う点といったら、とっくにワクチン接種を終えていることくらいでしょうか。

しかも2回。(←マウンティング) (医療関係者ってだけ)

接種翌日は、前もって有給を取得しておくことを強くおすすめします。特に2回目。死ぬかと思った。※個人の感想です。

 

 

そして。

これまでのブログで、僕の言いたいことがすごく伝わってるんだなーと再確認しました。

いや知ってた。

知ってたけど、再確認した!

 

  • 子どもの特性をよく見極めて、戦略を練る。
  • 本人の話をよく聞き、答え合わせする。
  • 「普通は」「みんなは」「当たり前」「ペリー」とかは無視一択。
  • ないものはない。
  • でもあるものはある!
  • 合いそうなところを「我が家流」にアレンジして使う。
  • 親御さんの安定が非常に大事。
  • 母(父)よ、幸せに生きろ!
  • そして親と子どもは別の生き物
  • 子どもをそのまま受け入れて!
  • きっとなんとかなるよ、大丈夫!

 

ご理解いただき、同意してくださる方が多いんだなーと。

ありがとうございます。

伝わってたよね? よね?

拙い文章から読み取っていただき、本当にありがとうございます。

 

僕のクソみたいな文章が好きとか、クソみたいな小ネタが好きとか、ドラクエが好きとか尾崎が好きとか、それもありがとうございます。(ドラクエと尾崎はみんな好きだよ)

つまり、僕が好きってことですよね。

僕がステキってこと。

 

大丈夫!

みんなの愛は伝わってるよ! (ジャニタレ気取り) (すぐ調子に乗る)

 

余談だけど、ジャニーズのファンには名前がついてるんだって。

嵐→アラシック

KinKi Kids→ 図書委員

関ジャニ∞→eighter(エイター)

Hey! Say! JUMP→とびっ子

へー。

すごい余談。

 

ちなみにジャニーズで言うと僕は松本潤くんと同い年だから、僕の顔は松潤でイメージしてもらえると嬉しいです。

似ても似つかないけど。

 

 

ってことで、とりとめないですが、嬉しかったのでお礼。

参考になる内容はなにもなく、単なるお礼記事ですみません。

 

 

あと、「やめないで!」的なコメントをいくつかいただいたので一応補足しておくと。

 

僕としてはあまり実感がないんだけど、支えになっている、道標になっている的なコメントやメッセージを度々いただく。

全然そんな実感はないけど、そう言っていただけるのならそうなのでしょうと理解している。

人様からいただいた意見は、私情を挟まずとりあえずそのまま受け取るよう意識しているので。

 

そうであれば、細々と続けていきたいと思っています。

そもそも趣味の延長で書いているブログで、人様からの評価より、自発的な動機付けが大きいわけで。

誰かの役に立つなら一粒で二度美味しい、的な。

一粒300メートル的な。(グリコ)

やめられないとまらない。(かっぱえびせん)

 

やめるときは、きっともっとクズな理由。

超個人的な、ゲスな理由でやめます。

ヒトとしてクソなんで。

コメントに何かを書かれたから即閉鎖! ってことは、多分ないと思います。

 

あ、でもあんまりヒドイことは書かないでね。

一応ちょっとは傷つくんで。

殺人予告とかは、さすがに勘弁してください。

ファンレターはお待ちしています!(コメントとか引用とかリブログも嬉しいです)

POSTED COMMENT

  1. amechan より:

    いつもコメントしたいと思いつつうまく言葉になりませんが…
    先生、いつまでもその探求心と情熱を持ち続けるお医者様であってください。
    それから、細々とでも良いのでなるべく長くブログを続けて下さると嬉しいです。
    私を含め多くの親子が救われています。
    我が家は、中学3年間不登校だった息子がこの春から高校に通い始めました。
    夢のように嬉しい反面、不安定な時もあり、再登校が不登校のゴールでないことを日々実感しております。
    これからも先生のブログで学びながら進んで行きたいと思ってます。

  2. ワンピース より:

    **** P先生、いつもありがとうございます。****
    不登校息子が昨日から、まさかの勉強、しかも不得意な英語の勉強をしています。びっくり!!
    まだまだ、ぐうたら時間が必要かと思ってたので、大丈夫かな?また、ぐうたらしても、まっいいか。。。

    そういえば、不登校理由について、もうひとつ大切な視点を
    どなたかの動画でおっしゃってました。
    思春期の反発、不登校は、お母さんは自分を見捨てない、見放さないという安心があるから、堂々と反発したり堂々と不登校できるんだそうです。

    学校に行って勉強するのは当たり前と捉えていたけれど、それってありがたいに気づけて、もしかしたらこんなつらいことは経験したくないけど、経験しなかった人には見ることのできない素敵な光景も見えるのかも。

    私の場合、ダメ親だからだけど、どんな親でもやっぱり子供から育ててもらってるんだ、とようやく理解できたかもです。

    ::::どうか、これからもよろしくお願いいたします。::::

  3. しのぶ より:

    そうです!
    先生ステキ!スキ!ってことですww
    このブログを楽しみにしている方々は、それはそれは色々と思い悩まれて、今でもそれぞれに一進一退を繰り返して、思考が濃いかたが多いんじゃないかと思います。先生のおっしゃる事だいたい誤解なく伝わってます。と思いたい。

    先生がブログをやめるのは、超個人的な、クズな理由がいいと思います^_^
    願わくは、ずっとずっ…と先で。

  4. 匿名希望 より:

    先生はある意味「推し」です。寡作でも活動を続けている推しの曲を聞くのに比べると、既に引退した推しの曲を聞くのは、失われたものの思考を追っている感じが半端ないです。でも、やりたい気持ちを失って輝かない、しがらみで活動している推しなんて見たくない。もし「普通の人」に戻りたくなったら、いつでもお戻りくださいね。

  5. より:

    ひとつ前の記事に初めてコメントしたものです。
    「ペリー」とか「ドラクエ」とか書いた言葉が(たまたまだと思うんですが)この記事に出てきて、「先生、読んでくれてはる!」と朝からテンションが上がりました☆
    ←「コメントは読んでますよ」と書いてらっしゃいますし、自意識過剰だと思うのですが、勘違い上等(*^^*)

    今日のピンクの塗り潰し箇所はすぐに見返せるようにスクショを撮りました。←真面目か!
    とてもよくまとまっていると思うんです。
    ふらふらしそうになったときにニュートラルに戻れる気がします。

    今まで「上手く伝えられなくて嫌な気分にさせたらどうしよう」と思って躊躇していて前回初めてコメントしたのですが、
    ただお礼を伝えたくて勇気を出してコメントして本当によかったです。
    とても幸せな気分です。

    P先生のファンの私は「PPCP」と心の中で名乗ってます。←「PPAP」に寄せてみました。懐かしい。
    P先生をpartnerと思っているchildrenとparents。
    さらっと読み捨てください(*^^*)

    細々とでもよいので続けてくださると嬉しいですが、私も辞めるときはクズでゲスな理由の方がよいかと思います。

    先生、いつもありがとうございます。

  6. さとゆず より:

    魚さんと、おなじく、ピンクの箇所、もーなんてゆーか、P先生の愛が詰まってて、感動しました。

    これまでも、先生の言葉で刺さったものを、メモに書いて台所に貼って、毎日見てるのですが、今回のもメモして追加貼り決定です!

    アラフォー主婦のファンとか、重たいかもしれませんが、フツーに先生のファンです。一番辛い時に、すごく救われたので。

    街中で、『いらすとや』のイラストを見かけると、

    「あ、P先生、、、」と思い出すくらいにはヤバいです。

    ぜひ、辞めるときは、ゲスな理由でサクッと辞めてくださいね。それでも、先生の言葉は、我が家の台所にずーーっと残りますから(激重ですね、すみません😅)

  7. もっちーもちこ より:

    伝わってます。
    と、私は思ってます

    内容もですが、ユーモアを忘れない所が先生の素敵な所ですよね

    本当にありがとうございます

  8. ウトガリア より:

    P先生の記事をいつもワクワクしながら読んでいます。
    面白くて、特性ある我が子のためになる情報満載なので、私と同じ悩みを持つ友人知人に勝手に紹介しちゃってますが、「すごく参考になった!」「読みやすい!」と好評です。

    お忙しいでしょうに外来診察の合間に楽しい記事を日々提供していただきありがとうございます。本当に感謝しかありません。
    今後も無理のない範囲内で、書いていただければうれしいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。