起立性調節障害

アタマが痛いオナカが痛いって言うけど、ホントに痛いの?

起立性調節障害(OD)の子は、痛みを訴えることが多い。

 

女の子
女の子
頭痛で動けない。

 

女の子
女の子
お腹が痛くて……。

 

女の子
女の子
心臓が痛い。

 

あちこち痛いって言うんだよ。

 

痛みは主観

ちょっとだけ(ほんのちょっとだけね)、ウソつけって思う。

 

母
そこまで痛くないでしょ!

さっさと起きなさい!

 

ちょっと大げさじゃない?

サボる口実で言ってるんじゃないの?

 

そう思われることも多いようだ。

実際、起立性調節障害は「なまけ病」とか「サボり病」とか言われてきた。

 

 

『痛み』ってブラックボックスだ。

 

『痛い』という感覚は、その人固有のもの。

本人にしか分からない。

どのくらい痛いか、どんな風に痛いか、他の人には分かりようがない。

 

『痛み』は主観だ。

同じ疾患、例えば虫垂炎(盲腸)でも、めっちゃ痛がる人と、案外ケロっとした人とがいる。

 

目の前に、お腹の痛みで救急搬送された人がいるとする。

めっちゃ痛がってる。

でも、検査では異常が見つからない。

 

でもめっちゃ痛そう!

 

本当に痛いの?

なんで痛いの?

いっそお腹を開けて中を見たい!

 

研修医の頃、こんなことがよくあった。

「すごく痛そう」というのはわかっても、数値化できないし、一様に扱うことができない。

本当にすごく痛いのかもしれないし、痛みに弱い人ってだけで実は大したことないのかもしれない。

痛みって本人にしか分からないものだ。

 

起立性調節障害の『痛み』

起立性調節障害の子は、『痛み』を頻繁に訴える。

頭痛、腹痛、生理痛、胸痛、関節痛……。

あちこち痛い。

 

でも、その感覚は彼/彼女にしか分からないわけで。

どう扱っていいのか、困ってしまう。

 

僕はそんなとき、

本人が痛いって言うなら痛いんだ!

と扱う。

 

痛いって言うんだもん。

痛いんだよ。

 

母
ホントにそんな痛いの?

大げさじゃない?

 

そう思ってしまう気持ちもわかる。

でも、痛いんですよ。

そういうことにしておいてください。

 

本当に『痛い』?

さて、突然ですがそこのあなた。

あなたは今、どこか痛いところがありますか?

 

母
言われてみると、朝から軽い頭痛がありますけど……?

 

身体に意識を向けてみると、多分どこかしら『痛い』部分があると思う。

この人は、「そういえば」程度の軽ーい頭痛。

他にも、3日前に足をくじいたとか、虫刺されの傷とか、小さなやけどとか、ちょっとした腰痛とか。

『痛い』、もしくは『だるい』という感覚は、多少なりともあるのではないでしょうか。

 

今日は朝から絶好調!

身体が羽根のように軽く、どこにも1ミリも不調がない!

 

そんな日は月に数回程度じゃないですか?

 

 

でね。

今意識して初めて気づいたその『痛み』や『だるさ』。

ちょっと注意を続けてください。

そうそう、痛いところに集中して。

 

だんだん大きくなってきません?

 

「ココ痛いな」と思うと、強く痛むようになってきません?

「なんかだるい」と思うと、もっとだるくなりません?

 

言われなければ気にも留めなかった程度の身体の不調が、意識すると大きくなる。

痛みはやっぱり『ある』んだと思う。

別のことに意識が向いているから、気付かないだけで。

 

テンション上がってるときの傷って、気づかなかったりするじゃん?

飲み会の翌日、記憶のないアザの痛みに首を捻るじゃん?(僕だけ?)

アドレナリンが出ているときって、痛みに気付かないんだと思う。

 

だから、『痛み』は確かにそこにあって。

ODのその子は、『痛み』に注目しまくっているがゆえに大きく感じているのだと思う。

ほら、ODとアドレナリンって正反対な感じがするでしょ?

 

疾病利得

続けて想像してください。

 

今、言われて初めて感じたこの軽い頭痛。

「この世界が嫌なことばっかり」としたら、どうなる?

 

「仕事ダルいわー」

「料理したくないわー」

「この世はクソだわー」

と、あなたは感じていると仮定する。

 

どうですか?

頭痛、ひどくなりません?

 

僕はなるんだ。

あくまで想像なんだけど、それでも確かに痛みが増幅する。

「ちょっとした頭痛」だったはずが、「結構な頭痛」に進化する。

 

アタマ痛いから、今日は何もする気が起きないわー。

 

そう思わない?

 

多分、OD児の『痛み』ってこんな感じなのかと。

『痛み』は確かにそこにあって。

加えて自分を取り巻く環境に積極的になれない(イヤだなーと思っている)から、痛みが増幅する。

だから、すごく痛い。

 

めっちゃ痛い。

とにかく痛い。

痛いから、今日は学校へ行けない!

 

そそそそうだよ、学校に行けないのは痛みのせいだよ。

僕は行きたいと思ってるんだけどね。

どうしても頭痛がね。

 

僕は「学校を休みたい」なんて考えるようなダメな子じゃないよ。

全部頭痛のせいなんだよ!

 

「学校がしんどいから行きたくない」より、「頭痛のせいで、行きたいのに行けない」と解釈する方が、精神衛生上ずっといい。

 

「頭痛のせいで」

そう思えば思うほど、さらに頭痛が悪化する。

疾病利得という。

 

だから治療はしたくない。

もらった薬も飲まないよ。

だって、頭痛が治ったら学校に行かなきゃじゃん!

 

往々にして、検査や治療を拒否する。

頭が痛いって騒ぐ割に、薬は飲まないし、夜更かししてるし。

 

そして案の定、『頭痛』が使えなくなった場合は別の『痛み』が首をもたげる。

腹痛、腰痛、胸痛、生理痛……。

こうしてイタイイタイ病になっていく。

 

 

そしてこれは無意識だ。

本人は本気で、「痛いから学校に行けない」と思っている。

だから疾病利得を指摘しても、絶対に認めない。

 

母
痛みなんて気のせいよ!

本当は学校から逃げてるんでしょ!

 

こんなことを言っても、あんまりいい結果にはならなそうだ。

 

まとめ

痛みは、『ある』。

確かにそこに『ある』。

 

そして、痛みを増幅させざるを得ない事情も、その子に『ある』。

 

だからめっちゃ痛い。

本人はめちゃめちゃ痛い。

これは事実だ。

 

増幅させちゃった理由も含め、痛みは『ある』ものとして接してあげてほしいと思う。

嘘つき呼ばわりしないであげてほしいなと、僕は思う。

POSTED COMMENT

  1. あい より:

    いつも勉強させていただいおります。今回の痛みの話は本当に納得できました。うちの息子も学校が近づいたり家を出ると「気持ち悪い」とか「頭痛い」とか言います。こっちは「またか」と思ってしまうんですよね。でも本人は本当に苦しいんですよね。それはその現状を含めの苦しみ…と思えば納得です。
    いつも大切な気付きをありがとうございます!

  2. 匿名希望 より:

     本人、学校が辛いから痛くなるんだってもしわかっても(続けば自分でも本当はわかりますよね)、自力で痛みは止められない。きちんとその後のビジョンを持たない指摘はむしろ、関係を悪化させる気がします。親は気がついても、黙ったままで考えるのが、多くの場合一番なんでしょうね。

     自分の初めての子供が3歳から5歳くらいの時に、母に「自分の子と戦ってはダメ」と言われました。アドバイスはその一言で終わりで、それに比べるとP先生のブログは本当に懇切丁寧だと感じます。後でじわじわ言葉の意味がわかってきたので、母にも感謝はしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。