ブログ

比べない子育て

比べない子育て。 

 

「他の子と比較せずその子だけを見ましょう」 

 

説得力がある。

その通り、我が子に集中しましょう!

 

 

 もちろんそうだ。

でも、これだけでは足りないと、ぼくは思う。

 

比較してナンボだ。

めっちゃ比べてこうぜ! という話。 

 

昨日ママ友の子供と比べるなって言ったばかりなのに、どういうこと⁉︎

まぁ聞いてください。 

比べない子育てでは、ちょっと足りない。

 

我が子をよく見るのはとても大切だと思う。

だけど、それだけでは足りない。 

 

お子さんは、今までもそしてこれからも、人の輪の中で生きますよね。

人と関わって生きるはず。

無人島でひとりで生活するわけではないでしょう。

 

だったら、他の人とどこが違うか、どんな特徴があるか、知っておいたほうがよい。

人の輪の中で居場所を見つけるために。 

 

 

 例えば。 

 

「この子は書字が苦手なので、板書は免除してください」

 

 どのレベルで苦手なのか。

字が汚い小学生なんてゴマンといる。

練習させた方がいいのか、本格的に書字障害のレベルなのか。

これって他の子供と比較しないと、わかりようがない。  

 

 

 

「恥ずかしがり屋なので、人前での発表が苦手です」 

 

みんなの前で発表するのが得意な子の方が少ないはずだ。

でもやってみた方がいいのか、トラウマになるレベルなのか、場面緘黙(家では喋るけど学校では喋らない子)か。

本人はどう思っているのか。

背中を押してほしいのか、やるくらいなら死ぬ! のか。 

 親御さんは、育児のプロではない。

その子(と数人の兄弟)しか育てていない。

 

だからこそ、他の子としっかり比較してほしい。

気になるその特徴、よくいるレベルなのか極端な外れ値なのか。 

 

 

どうやって比べるか。

 まずは病気を知ってほしい。

発達障害、HSC (病気ではないが)、起立性調節、知的障害、学習障害など。

 

それってどんな子?

典型的な症状を知ってほしい。 

 

 

その上で、我が子にはどんな特徴があるかよく見る。

当てはまるところと、当てはまらないところとあるはずだ。

病気を知ると、見えてくる。

この子はどんな特徴がある?

比較してほしい。 

 これがわかると、有効な対策を立てられる。

具体的にどのくらいの配慮が必要か。

どんなことに困っているか。

本人はどんなふうにしたいのか。 

 

 

親御さんにはプロデューサーになってほしい。

本人は、自分のことなので見えづらい。

その子のウリは何? 弱点は?

合う環境を探してほしい。 

 最悪なのが、狭い世界で比較すること。

 

「友達の○○ちゃんは、もうこんなことができるらしい」

「ママ友に聞くと、みんなこういう風に勉強しているみたい」

 

これはダメ。

狭い。狭すぎる。

数人と比較しても意味がない。

 

○○ちゃんとうちの子、どっちが平均に近くどっちが外れにいるか?

分かりようがない。

身近な数人がそうだからといって、クラスのみんながそうではないし、ましてや全国的な標準ではない。 

 

もっと大規模に比べる。

『ちゃんと』比べる。 

難しいと思うので、先生や医療機関、発達相談などプロの意見を聞くといい。

彼らは多数の子供たちをみている。

発達の検査を受けてみるのもよい。

その子がどのくらいの位置にいるのか、どんな場所だと合いそうか、よいアドバイスをくれるはずだ。

 

 

 全体を知った上で初めて、我が子をつぶさに観察できる。

子供だけを見ていると『我が子が標準』になってしまう。

気持ちはすごくよくわかる。

わかるのだが、これでは他の人に伝わらない。

もったいない。 

 

 

定型発達と比べてどうなのか、発達障害の特徴がどのくらいあるのか。

広い視野で見てみてほしい。

全体像を把握して初めて、我が子の位置が理解できる。

 

 シロクマがハワイより北極で生きる方を選んだからといって、
だれがシロクマを責めますか。
(『西の魔女が死んだ』)

 

有名な言葉だと思う。

僕も好きな言葉だ。

その人に合う場所で生きていけばよいという意味。

 

 これに例えると、シロクマがたくさんのマレーグマと一緒にハワイで暮らしている感じ。 

↑これがマレーグマ

 

でも、自分はマレーグマではなくシロクマだと、どうやって言えるのか。

暑がりの、ちょっと色白のマレーグマかもしれない。 

マレーグマとシロクマ、両方の特徴を知る必要がある。

 

まず『シロクマという白いクマがいて、北極に住んでいる』という事実を知らないと、どうしようもない。

 

 

 隣のマレーグマと、

「ねぇ、ちょっとココ暑くない? 僕しんどいんだけど」

「まぁ今は夏だから、ちょっと暑いかな」

「えー、かなり暑いよ。ふらふらする」

「大げさだなぁ。みんな我慢しているんだよ」

「そうかぁ。僕は忍耐が足りないんだな。もっとがんばろう」

 

 

こんな感じ。

北極に行くという選択肢が思い浮かばない。 

 

 

「それにしても、暑い……」 

 比べていこう。

ガンガン比べていこう。 

 

変なこと、違和感を感じること。

それには理由があるはずだ。

比較して、理由を明確にしていこう。

配慮や対策は、その上に成り立つ。

 

狭い世界ではなく、大規模に、『ちゃんと』比べる。

自ずと我が子の立ち位置が見えてくるはずだ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です