不登校

不登校の子が学校に行った日

登校を渋って休みがちな我が子が、今日は登校した。

親御さんはどう声をかけますか?

 

やっとわかってくれた!

これで治った!

これでこそ我が子!

 

そんな感じで浮かれますか?

 

頑張ったねー!

すごいね、えらいね、がんばったね!

明日もこの調子でね!

 

褒めて激励しますか?

 

 

不登校の子が学校に行った日。

この日の対応こそ慎重になる必要があると、僕は思う。

「学校に行く」と言った日

子供が学校に行くと言った日。

どんなつもりでそう言ったのか、よく観察してほしい。

 

もう大丈夫! 心配しないで」と胸を張って晴れ晴れ登校するのか。

そろそろ行かないとホントにやばい」という後ろ向きの気持ちからか。

 

これからも続けて登校できると思っているのか。

自信ない……なのか。

 

 

というのも。

 

お子さんが学校に行くということは、少なからずエネルギーが溜まっている証拠だ。

つまり、家が快適だった証拠。

親御さんは不安を押し付けず、小言もグッと我慢して、今日までやってこられたと思う。

その努力が実を結んだ形だ。

 

 

で。

ここで手放しで喜んでしまうと、

「学校に行けるのがいいこと。学校に行く子を肯定するし、お母さん嬉しい!」

というメッセージを送ることになる。

 

お子さんがこれに100%同意していれば良いが、そうでない場合。

「行かなきゃいけないから、行かなきゃ」という後ろ向きな気持ちの場合。

 

想像してほしい。

すごいプレッシャーになりません?

「また行けなくなったらどうしよう……」

行けたらお母さんは喜ぶ。

学校に行ける自分だと愛してもらえる。

あぁ、こんなにも喜ぶのか……。

 

喜ぶ母の様子をみてお子さんも嬉しい反面、プレッシャーを感じないだろうか。

 

また行けなくなったらどうなるんだろう。

すごく怒るかな。

落胆するかな。

見捨てられたらどうしよう……。

 

そんな風に考えると、翌日以降しんどくてもお休みしづらい。

見捨てられたくない一心で、限界を超えて頑張ってしまう。

 

それでもダメだったとき、また行けなくなってしまったとき、この子の自己肯定感はどうなるだろう。

ボロボロになってしまうんじゃないか。

 

そう心配になるのだ。

 

逃げ道の用意を

じゃあどうするのが正解か。

ケースバイケースで、子供の性格や親子の関係性、その時の状況で変わってくると思うのだけど。

いずれにしても逃げ道は用意してあげるのがいいと思う。

 

もちろん、たくさんたくさん褒めてあげてほしい。

学校に行くのは、すごく大きな決断だったと思う。

すごい勇気だ。

 

でも手放しで褒め称えるのではなく、「しんどければ休んでいいからね」と付け加えておくとか。

「学校に行っても行かなくても、あなたのことを大切に思っているよ」というメッセージは添えた方がよいと思っている。

 

 

こんな親子がいました

先日、僕の患者さんが登校を再開した。

悲惨なトラウマから不登校になった子で、僕から見ても痛々しいくらい。

繊細で、敏感な子だ。

 

この子が、親御さんは行けとも行くなとも行っていないのに、自発的に登校を再開したそうだ。

親御さんの驚きは想像に難くない。

 

 

で、どんなリアクションを? と尋ねると、「あ、そう。行くのね。」程度に抑えたとのこと。

 

ちょっと塩対応すぎないかとも思ったが、今まで親子で泣きながら、何度も話し合ってきたご家庭だ。

通じるものがあるのだろう。

お母さんは、努めてリアクションを抑えたと言っていた。

 

子供が無理してるのがわかるから、できる限り普通に接したと。

いつ戻ってきてもいいように。

 

 

深いな。

こんな愛情の形もあるんだな。

 

そう感じた。

 

 

僕からみても、きっとこの登校は長くは続かないと思う。

でもプレッシャーをかけられたら、人一倍がんばってしまう子だ。

頑張りすぎて潰れてしまうのが目に見える。

 

だからこそのお母さんの塩対応なのだ。

母親ってすごいな、と思った。

 

あなたならどうしますか?

あなたのお子さんが学校に行く日。

親として、どんな言葉をかけますか?

ここ一番の大事なときだ。

親の気持ちはぐっと抑え、まずは慎重にお子さんの様子をみてあげてほしい。

お子さんにベストな声かけ、これは親御さんにしかわからないと思うので、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。