HSC

HSCの世界

HSC、ひといちばい敏感な子。

 

ぶっちゃけ、育てにくくないですか?

 

感覚が過敏でこだわりも強いし。

変な正義感があったり、納得するまで意見を曲げない。

かと思えば引っ込み思案でもじもじ。

みんなの前で発表できなくて、見ているこっちがハラハラ。

遠足の数日前から大はしゃぎしたかと思えば、いざ当日になると「疲れた」。

気になるとしつこく聞いてきたり、

かと思えば口を挟むと怒ることもあって。

頭痛、腹痛、胸痛、関節痛、腰痛、生理痛、(イタイイタイ病か)

挙句、起立性調節障害からの不登校……。

 

 

うがーーー!

私が一体何したっていうの⁉︎

前世か? 前世で何かやらかしたのかっ⁉︎

 

 

そんな育てにくお子さんを育てているお母さん。

お疲れ様です。

でも、HSCだからこその良いところもたくさんあるって、お母さんがよくご存知でしょう。

 

先日受診されたHSCと思われるお子さんの、ほっこりしたエピソードを紹介したい。

 

 

起立性調節障害の疑いで紹介されてきた中学生。

負荷試験の最中にぶっ倒れ、めでたく診断がついたところだ。

 

半年ほど不登校のようで、詳しく話をきいた。

学校のこと、友達や勉強、部活について、自分の性格、家族のこと。

そして定番の質問、『好きなことはなんですか?』。

するとこう答えた。

 

ディズニー!

ディズニーが大好きで、テストとかのご褒美にディズニーランドを設定してます。

もう好きすぎて、ディズニーに行けると思うとなんとか頑張れるんですよ!

 

それまで死んだ魚のような目をしていた子が、急に輝き始める。

 

パークの雰囲気が大好きなんですよ。

あの世界観にひたっているだけでもう……(うっとり)

 

今ディズニーランドお休みだからつらいね。

 

そうなんですっ!

だから、プリンセスの世界とか思い浮かべて、妄想に浸っているときが一番の幸せで…。

 

 

このマイワールド。

すごくないですか?

情景、空、匂い、光。

手に取るように、すぐそこにあるように感じる。

想像に包まれ、酔いしれ、それだけで心が満たされる。

そこは暖かく優しい世界。

悪意のカケラもない、素晴らしい世界。

 

そしてこの世界は、彼女だけのものだ。

彼女の空、彼女の風景だ。

なんとなく理解できる気はするけれど、真に共有することは、誰にもできない。

 

 

いや、なんて素晴らしい。

 

この豊かなイマジネーション、非HSCにはきっと持ち得ないだろう。

表面上の即物的な感想ではなく、自分なりのイメージを付加し、高めていく感じ。

美意識が研ぎ澄まされていく感じ……!

 

 

もうね、オジちゃん、お腹いっぱいになったよ。

キミはそのままでいい。

そのままでいいよ。

その世界に浸っているのが、何より尊いよ。

学校とか、もう、どーだっていいんじゃないかな!

 

 

このような想像力って、HSC特有のものだと思う。

想像力が豊かすぎて時には厄介なこともあるけど、でもでも、すごく素敵なことだと思いませんか?

誰にも邪魔できない、真似もできない、唯一無二の彼女の世界。

あゝ、天上天下唯我独尊!(使い方合ってます?)

 

 

HSC、ひといちばい敏感な子。

育てにくいしめんどくさい。

でも、幸せに対しても誰よりも敏感。

少しいいことがあれば超ハッピー、自分のイメージに浸ってめちゃくちゃハッピー!

 

誰よりも『幸せになる才能』を持っていると考えるのは、突飛だろうか。

この子は、この子のまま幸せになればそれでいいと、心から思う。

 

 

 

ちなみに彼女が好きな教科は歴史だそうだ。

「幕末とか、いろんな人の思考が交錯していて面白い。想像するだけでご飯三杯はいけちゃう」

とのこと。

もう、あなたは、そのままでいてください……。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。